メインメニュー 検索

Yasuakiさん

yasuakiトロントの地を初めて踏んだ日から既に6ヶ月の月日が経とうとしている。今はもうトロントの生活に慣れたけど、そういえばトロントに来たばかりの頃は毎日が驚きと感動の毎日だったなぁ。思い返すと色んなことをこの半年でしてきた。

ワールドカップ観戦、ナイアガラ、モントリオールF1観戦一人旅、MBL観戦、フレンチカナダ旅行、バンクーバー・ビクトリア一人旅、ロッキーマウンテン旅行、National Job Fair(企業説明会イベント)などなど細かく書き出したら終わらないぐらい。

でもやっぱり一番の思い出は、トロントで新しくできた友達と過ごした時間だ。韓国人、台湾人、中国人、インド人、パキスタン人、フィリピン人、ブラジル人、メキシコ人、チリ人、ペルー人、ウズベキスタン人、アメリカ人、カナダ人、サウジアラビア人、トルコ人、スペイン人、ポルトガル人、フランス人、ロシア人と今思いつくだけでこんなに沢山の国籍の人と知り合うことができた。 そんな多国籍のみんなとワールドカップを観戦したり、学校帰りに一緒に本屋に寄ったり、コーヒー飲んだり、ジャズ・バーに行ったり。 休日には一緒に買い物したり、BBQ したり、パーティーして騒いだり。一年前、日本にいて何気ない毎日を送ってた頃からは想像できない生活をしてると思う。毎日毎日が楽しくて忙しい♪

そしてもうひとつ留学してよかったと思うことがある。留学生の中には大きな野望を抱いて海外にやってくる人たちが多い。『いずれ自分の企業を起こす』、『こっちの大学でMBAを取る』、 『デザイナーになる』などなど。そしてよく考えてみると、そういう人たちは留学生活を楽しみながらもしっかりとコツコツ勉強している。 そんな人たちと一緒にいて、いろんな話をするというのは自分にとってすごく刺激になる。自分も頑張ろうと思わされる。 特に自分みたいに長く留学する人には、ただただ楽しいだけの留学生活ではもったいないと思う。やっぱり留学生活が終わったときに「やり遂げた」っていう何かをのこすことが大事だと思う。

ぶっちゃけ半年も留学してるとツライことや悩みもいくらかある。でもそれ以上に楽しいこと、刺激になることがたくさんある。国籍も世代も関係なく色んな人たちと話す機会もあるからから将来について色々考えることもある。 留学にはたくさん何かが詰まってる。留学しようかどうか迷ってる人には迷わず留学することを勧めたい。だって、とにもかくにも最近思うことは『留学してよかったな』ってことだから!

Comments are closed.