メインメニュー 検索

Tsubasaくん

tsubasa両親、友達、先生方、ホームステイファミリー、Education Prime のスタッフ、自分をサポートしてくださった全ての方々へ。皆さんの支援なしには今の自分はいません。心から感謝しています。本当にありがとうございます。

自分がどこまで通用するのか挑戦したいという気持ちが海外にでようと思った最初のきっかけです。なぜカナダにしたのかというと、英語環境、物価、治安などを総合的にみて、一番安定してる国であるということできめました。

カナダに到着し、まずILSCトロント校に通いました。10段階のレベルにわけられたコースがあり、自分にあったコースが選べます。他にもビジネスや国際問題といった授業もあり、とても充実したコース選択になっています。この学校の特徴が、南米からの生徒が多いということです。最初の友達もコロンビア人でした。他にも、アジア、ヨーロッパなどからの生徒もいます。特に韓国人とは国がお隣さんということもあって、とてもフレンドリーで僕の大半の友達が韓国人です。彼らとの出会いは自分の英語の基盤になりました。

私はワーホリビザということで、来て3ヶ月で職さがしを始めました。アパレルとカフェに絞って、レジュメ(履歴書)を配りました。面接まではこぎつけるのですが、採用の連絡がなかなか来ない日が続きました。ある日、友達に誘われたカフェで、そのカフェのマネジャーを紹介されました。ただコーヒーを飲みながらたわいもない会話をし、帰り際に”レジュメもってる??”ときかれ、レジュメを渡しました。そして二週間後、一本の電話がありました。でてみると、”水曜日の7:30からよろしくお願いね!”。人生どうなるかわかりませんね。

TsubasaいまはAroma Espresso Barというカフェでレジとお客と週5日勤務で格闘しています。自分がこんな綺麗なカフェでレジを打ってるなんて今でも夢のようです、しかもカナダで。従業員もネイティブなので会話一つにしても、勉強になります。しかし働いていて感じることは、学校で習う英語と一歩外にでた時の英語ははるかに違うということです。カナダは移民の国ということでいろんなアクセントの英語を聞くことができます。なので特に注文を取る時にはかなり注意をはらいます。こんなハラハラするレジうちは人生で初めてです。

毎日が試練の連続です。失敗も悔しいこともたくさんあります。ただ毎日が充実していて楽しいです。今が幸せでたまりません。カナダでの出会い、カナダで起こる全てのことに感謝して、毎日全力で挑戦していきます。

Comments are closed.