メインメニュー 検索

留学体験記

Daiki  Yoshida くん

学校名:ILAC

daiki3トロントに留学を決意したのは、大学一年生のときです。このままなんとなく大学を卒業して就職してもなんか面白くないという単純な理由で留学を決意しました。まず、資金が必要だったのでバイトも掛け持ちして本当に遊ぶ時間も寝る時間も削ったときがありました。それでも留学の資金には微妙に届かず母の支援もあってやっと大学3年生が終わる頃にトロントに留学することができました。

留学にはstudentビザで入るかworkingビザで入るか迷いましたが母に「workingビザで入ったら絶対遊ぶやろ」と言われたのでstudentビザで語学学校ILACに1年間通うことを決めました。ちなみに私の大学は理系で英語を全く勉強していなかったので、ILACのスタートレベルはBeginner1(レベル2)でした。普通の人は留学を決意すると少しは日本で英語を勉強してから、留学するのですが私の場合は全くしなかったです。トロントについたら勉強してどうにかなるだろうという考えでした。

日本人はある程度、文法はできるので初日の授業の文法の時間は余裕でしたがスピーキングは本当に苦労しました。またBeginner1の時の担当の先生がスピーキング重視の先生だったので授業の8割はスピーキングでした。この時考えたのが、スピーキングを日本でしていない私よりILACで上のレベルの日本人に英語で勝つにはどうしようと考えたときに、文法では勝つのに時間がかかると考えた私はスピーキングを徹底的に伸ばそうと考えました。そうなると語学学校の生徒と遊んでもあまりスピーキングは上達しないと考えカナディアンの友達を作ろうと考えました。留学すると現地の友達を見つけるのは簡単はイメージですが、トロントではこれがすごく難しいです。

daiki2そんな中、私はトロント大学のLanguage Exchange(日本語を教える代わりに英語を教えてくれる日本で言う大学のサークル活動)に参加しました。初回で出会ったトロント大学医学部のやつと友達になり私がトロントを離れるまでずっと遊んでいました。次に出会ったヨーク大学の学生のやつとまた友達になりました。たまたま、私を気に入ってくれたのか誕生日パーティーに呼んでくれ、そこでまたカナディアンの友達ができました。それからは、学校が終わると学校の友達とは交流せずにずっとそのカナディアンの友達と遊んでいました。

私がよくやった勉強方法はカナディアンの友達に会う前に話す内容を日本語で考え、それに使えそうな英語を調べて友達に会うとその内容を英語でしゃべって練習するというものです。また語学学校では、日本人は授業中静かな人が多かったですが私はとにかく発言をして授業に参加すると同時に英語を練習しました。わからない単語があったりカナディアンの友達から送られて来たメールの意味を理解できないときは語学学校の先生に質問をしました。

daiki1ILACは週に2回テストがあったので自分の勉強が間違ってないか確認すると同時に私自身のモチベーションにもつながりました。最初は全くしゃべることのできなかった英語もだんだんしゃべれるようになり、一人でアメリカやアイスランドといった異国の地に行ってもコミュ二ケーションをとれるようになりました。

 

ILACのレベルは全部で1から17までありますが、私が卒業したのはレベル11のPre-Advanceでした。よくILACの日本人スタッフの方やエージェントさんにはよくこんなに伸びたねって言われましたが、本当に生きるために英語が必要だったから伸びたのだと思います。勉強といっても毎日学校が昼の2時くらいに終わって、友達に会うまでの暇な時間を利用して図書館で2~3時間しか勉強していません。家では一切英語に触れず日本の動画やルームメイト(日本人)と日本語で話していました。そんな中英語が伸びたのは、やっぱり毎日外に出てバスや地下鉄に乗ってる時は他人の会話を聴いて、リスニングを伸ばしカナディアンの友達に会うととにかく間違った英語でも大きな声で話したからだと思います。

留学する前のイメージは本当に毎日楽しいことがあるイメージでしたが、苦労のほうが多かったかもしれません。外でお酒のビンを開けて警察に囲まれたこと、日本人が嫌いとカナディアンに言われたこと、でもそういう経験は日本ではできません。留学は自分の中で本当にプラスになったと思うし人生の分岐点だったと胸を張って言えます。

最後になりましたが、トロントで留学のサポートをしてくださったEPスタッフの方々、ILACの日本人のカウンセラーの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

✩EPスタッフより✩

Daikiくんは、来た当初からしっかりと目標を持ちその目標に向かってコツコツ頑張られていましたね。私たちも安心して見守ることできました^^一人旅のアイスランドでもしっかりとその国の文化や人に慣れ親しんだりと今回の留学を通してさらに積極的になられたように感じます。Daikiくんの今後も私たちもとても楽しみにしていますので、また近況などお知らせくださいね!トロントから応援しています!!!

M. S. さん

経緯:日本で投資ファンド会社勤務(約5年)→ワーキングホリデーでCanada Post勤務(11ヶ月)→English School of CanadaのUCTPコース→
George Brown CollegeのPost-Graduated Program

留学したかったなぁ、という思いはありつつ、お金がないので、いつか自分でお金を貯めて留学できればいいな。と、漠然と思ったまま日本の大学を卒業し、投資ファンドに就職。仕事はとても大変で、覚えることはたくさんあったけど、自分に合った仕事に出会えたと思えたし、仕事を楽しんでいました。ただ、勤務して4年が過ぎた頃に、一生このままの勤務状況で働き続けるには勤務時間が長くてきつすぎると思い、30歳までには転職をしようと意識し始めました。そのときに同時に「これまでに貯めたお金で留学をしたい」と強く思いました。というのも、転職をするときに英語の能力に自信がなかった私は、求人の条件で英語の能力を求められる仕事を見ると、「この仕事は無理だ」と諦めることが多々ありました。とはいえ、外国の大学院のプログラムに入学するほどの英語力も当時はなく、ワーキングホリデーで、ちゃんと英語を使って仕事ができれば、英語に対する自信がつけられると思いました。

綿密に計画を立てて、トロントへ出発しました。仕事探しは到着後すぐに始めて、ターゲットは「カナダでしかできない仕事」「英語をちゃんと使う仕事」の2点で、ひたすら履歴書(Resume)を配り歩きました。1ヶ月ほどで偶然、Canada Postで働き始めることになり、これが私のカナダでの生活のスタートとなりました。

Canada Postでは、文字通り郵便局の業務でしたが、お客さんへの説明責任があり、またクレームを始め、ありとあらゆるトラブルを自分で解決していく必要があり、語学力を磨くというよりも、よりタフに生きる術を学んだように思います。

とはいえ、もちろん英語の勉強にもぴったりの仕事で、仕事を通じてお客さん(幸運にも英語を母国語とするイギリス人やアメリカ人の多いエリアだった)の英語を聞き取り、自分でも真似して使えるフレーズをひたすら意味も分からずに覚えて使っていました。

半年くらい経過すると、毎日の業務で鍛えた英語でお客さんと雑談できるようになり英語に対する自信も少しずつついてきました。

その後は、やはり大学時代から外国でPost-Graduated Programの自分の専攻を勉強したいと思い続けていたので、高望みかもしれないけど、とにかく挑戦してみようと決めました。そのときから、Education Primeの皆様に大変お世話になりました。

どのようにしてPost-Graduated Programに入学できるのか、どの方法が一番自分に合っていて、且つ自分で達成できそうか。結果からいうと、English School of CanadaのUCTPコースに通いました。毎週のようにあらゆる形で課題を出され、苦しいときもあったけど、プログラム終了時の成績が80%以上でカレッジのPost-Graduated Programに行けるということで、とにかく無我夢中で課題をやり続けました。ちなみに課題はレポートやプレゼンの実践、批評文の書き方やディベート等、カレッジで実際に必要とされる様々なスキルを一つずつ学び、その都度、課題が出ました。

正直なところ、そのときの記憶があまりありません。朝から夜中まで毎日課題をやっていた。それしか記憶にありません。

それでも努力の甲斐があって、80%の成績でコースを修了し、Post-Graduated Programへの入学許可を得ることができました。Education Primeのみなさんと一緒に喜んだことは今でもよく覚えています。

logoその後、George Brown CollegeのPost-Graduated Programに入学しました。このプログラムは1年で修了するので、他のプログラムに比べてとにかく授業数が多いこと、そしてどのクラスでも大なり小なり課題が毎回でるので、ひたすら課題に明け暮れる毎日がここでも待っていました。週末も平日も、学校の図書館がオープンする7時半から夜遅くまで。図書館に住んでいるように勉強や課題を続けて。授業の合間にクラスへ出席する、どちらがメインなのかわからない日々。UCTPの時が「こんなに勉強するのか」と思ったけど、今考えれば、George Brown College在籍中が私の人生の中で一番勉強しました。

課題はほぼ毎週課される個人で提出するもの、セメスター終了時に提出するグループレポートやプレゼン等、ありとあらゆる形で課題が出ました。
プログラムには、約60人近いクラスメイトがいて、半数はカナダ国籍の人、半数は留学生で、日本人は私一人。それでも留学生同士の結束は強くて、何かあると助け合うとっても親切で優しいクラスメイトばかりでした。クラスメイトに恵まれて、さみしい思いをすることもなく、そして毎日を刺激的に過ごすことが出来ました。

在籍中はセメスターが終わる度にEducation Primeのみなさんに割と良い成績だったと報告することができて、嬉しかったです。また、セメスター中は課題やらインターンのことで、いろいろとお力添えを頂きました。

そしてUCTPで学んだレポートの書き方やプレゼンの進め方などは、知らないと成績の是非にもかかる大問題でしたが、私はそれを知っている強みもあり、課題で困ることもありませんでした。CIMG5251

無事に卒業して、オープンワークパーミットを取得できましたが、日本での転職時に「英語ができないから、転職したい会社に行けない」ってことがないように。という目標は達成できたように思い、帰国をしました。

ワーキングホリデーからPost-Graduated Programまでを振り返って、自分ながらになかなかうまく進んだように思います。もちろんその間に何度も「もうだめだ」と思うこともありました。それでもここまでちゃんとやってこれた要因は①自分の目標を見失わない、②応援してくれている人のことを常に思い出すことで、どうにかやって来れたように思います。またカレッジでレポートの書き方がわからないと困るだろうと、UCTPを選んだことは非常に良かったですし、そういった意味では③先を見通すことも非常に重要だと思います。その場が良ければ全て良し。には決してならないです。いかに自分というものを見失わないか。ということが本当に重要なことだと思います。

Post-Graduated Program進学を決めてからカレッジ卒業まで、些細なことから大きなことまで、Education Primeの皆様に何度も何度も助けて頂いて、私のわがままを聞いて頂きました。皆様なしで、私はここまでやってこれなかったと思います。この場をお借りして、お礼申し上げたいと思います。

 

☆EPスタッフより☆
Mさんは、大変努力家でしっかりしたステキな女性です!留学中も様々な問題が沢山ある中、人のせいにせずいつも全て自分の事として捉られ、常に前向きでありました。『全てはご本人次第!』という成功の秘訣を彼女から学ばせていただいたような思いでいっぱいです。

最後に、一つ私が今でも覚えている『Mさんがステキだな、さすがだな~』と思った小さな瞬間をご紹介します。

ある冬の日、EPオフィスにコートを来てこられたのですが、椅子に座る際、ご自身のコートを何気なく、さらりと裏向け、素早く折りたたまれました。この方、日本のビジネスマナーがしっかり身についているし、カッコいいな~と関心したことを覚えております。

スーツやビジネスの場面ですと皆さん大抵気をつけているのですが当時は語学学校の学生、服装もカジュアルですが、些細な事のようですが、その身に付いた仕草に拍手したい気持ちでした。小さな事でもこれまでの経験をしっかり身につけていらっしゃるMさん、お仕事が早速決まっているということですので今後の日本でのご活躍をトロントよりお祈りしております。

 

Maki Kanazwaさん

学校名:ILSC

taiken_photos_Maki最初はPacific GatewayのESL(English Communication Program)コースで英語力アップに努め、2校目に通学したILSCでビジネス英語を受講し、トロントの人気観光スポット、Casa Loma(カサロマ)でインターンシップを経験しています。

ビジネス英語のクラスでは最初は電話対応、ファイナンス、マーケティングなど一般的なことを広く学び、レベルが上がるに従って、実在する企業を題材とした具体的なケースについてさらに深くインターナショナルビジネスを学びました。クラスメイトが多国籍で、特にスピーキング力が高いフランスやスイスからきた生徒さん達からリスニング力を鍛えてもらった気がします。

ILSCのインターンシップ説明会では、インターンシップについての具体的な流れや内容が伝えられ、模擬面接の際には実際に受ける企業の資料に基づいて丁寧にアドバイスも頂けました。面接当日も引率して頂けたのが嬉しかったですね。実は、1度インターンシップ先を変更して今回のカサロマでのインターンシップ先を再手配してもらったのですが、その際メールでご相談した内容にもすぐにそのコーディネーターが対応して下さり、数日ですべてを解決して下さったことには特に感謝しています。

インターンシップ先での仕事内容は、受付での入場券チェック、館内のご案内、オーディオガイドの貸し出し、エレベーターの使用が必要な方へのお手伝い(カサロマのエレベーターはご年配の方、ベビーカー・車椅子をご利用の方などに使用が制限されており、アンティークな作りのためスタッフが同行するというシステムになっています。)、アンケートの収集など。

インターンシップ先で印象に残っている出来事としては、館内にエレベーターがあることをご存じのお客さんが少ないので、常に目を配って必要な方に気付いた際はすぐに自分から声をかけ、エレベーターのご利用をご案内しているのですが、その際に「教えてくれてありがとう、本当に助かりました」と笑顔で感謝されるたびに嬉しさを感じます。
ここで働いているスタッフも、ボランティアでお手伝いに訪れる高校生たちも皆とてもフレンドリーで親切なので、時間が空いている時に英語を教えてもらったりしてとても勉強になるんですよ。

インターンシップをこれからされる方へのアドバイスとしては、「積極的に行動して、とにかく自分から人と仲良くなることだと思います。」友達になると沢山のことを話したくなるので、その分とても好奇心旺盛になり、そうやってできた友達から更に様々なことを教えてもらったり助けてもらったりするので、より充実した時間を過ごせると思います。