メインメニュー 検索

RCIIS でネイティブのスピードに慣れる!スタッフ体験レポート

今回は RCIIS の体験授業を受けてきたので、そちらのレポートです!

RCIIS (Royal Canadian Institute of International Studies) の特徴

まず、日本人スタッフのChiharuさんにお話をお伺ったところ、RCIISの学校全体の方針として以下の内容を挙げていただきました!

✓実際のスピードでに聞き取れるようになるために、講師が話すスピードを落とさず話す
✓生活ですぐに使える語彙を増やせるような学習内容
✓ロールプレイなどアウトプットの機会を多くしている
✓講師と1対1でスピーキングチェックができる機会を設けている

様々な講師がいる中でも、こうした方針を共有できているのは頼もしいですね。

RCIISのコース

RCIISでは、Power Speakingコースというスピーキングに特化したクラスと、ESLという文法を中心とした基礎英語力をアップさせるクラスの2パターンの授業を受けることができます。

私たち日本人はスピーキングが苦手な人が多く、パワースピーキングを受講する方がが多いということでしたので、今回はPower Speakingについてお伝えします!

Power Speakingとは・・・

「学校で学んでも日常で英語が通じない・・・」
そんな悩みを解消することを目的としたプログラムです!

そのため、先生はネイティブのスピードで話すことを義務付けられており、生徒が聞き取れないときは、単語を変えてもう一度説明するなどして対応しています。

教材は、ネイティブが日常的に使う表現を集めたものになっています。また、1週間に一度講師と1対1でスピーチをし、その結果を添削してくれる制度もあります。加えて、教室内で学ぶのみならず、外出して実際に教室で習った表現を実践するといった取り組みもなされています。

RCIIS 体験授業レポート

今回は二人とも中級レベル(Intermediate)のPower Speakingでしたが、それぞれ違うクラスに参加しました。

授業では同じプリントが教材として使用されますが、授業内容は先生や生徒によって若干変わってきます。

RCIIS_授業

↑2階で行われていた授業の様子

授業紹介(Kyokoのクラス)

☆クラスのメンバー構成:韓国人5人、日本人2人、中国人1人、トルコ人1人、メキシコ人1人
※あくまでこの日の状況です

☆授業内容
今回の教材のテーマは「仕事」でした。

“At what age do people usually begin working / retire in your country ?” の様な質問が30ほど載っているプリントが配られ、それを元に先生やクラスメイトとトークをしました。他にも「結婚した後仕事を続けるのか」「アルバイトについて」「給料はいくらもらえたら高いと思うか」などが話のテーマでした。

RCIIS_先生

↑Kyokoのクラスのジェントルマンな先生

先生は何か説明すると、その都度、意見を聞いてくれます。また、先生のジョークが面白く、クラスの雰囲気がすごく明るいので、質問に対してもリラックスしてトークを楽しめました。

なお、クラス分けでは、オリエンテーションでのカウンセラーとの対話によるスピーキングスキルのチェックと、2回のトライアルレッスンが設けられているので、受講生に適したレベルのクラスに振り分けてくれます 。私は英語の文法は理解していても、スピーキング・リスニングがまだ苦手なので、どのレベルが合っているのかいつも迷うのですが、こちらのクラスは難しすぎず簡単すぎずで、丁度いいと感じました。

授業紹介(Yukinoのクラス)

☆クラスのメンバー構成:
年齢層としては20代後半位の生徒が多い印象でした。今回の生徒数は10人で、国籍比は日本人4人、韓国人4人、ブラジル人2人でした
※あくまでこの日の状況です

☆授業の内容

最初に簡単な会話から始まり、前の週に習ったイディオムの復習や、生活の中でよく使われる慣用句について会話を通して学んでいきます。授業では完全に英語のみの空間が作られているだけでなく、発言するのが当たり前といった雰囲気で、それぞれが自分の知る表現を最大限に用いて伝えようとしているのが印象的でした。

次に行われたのはディベートです。

今回のトピックは“Standardized Test”の是非について。前の週に appropriate / inappropriate に分かれて出し合った意見を基に、順番に意見を言い合い、その意見に反論する、という内容でした。

RCIIS_ディベート

↑ディベートの様子

休憩をはさんでプリントを基にイディオムを学ぶセクションに入るところで体験は終了。

常に頭と口を使う授業で、時間が経つのがあっという間でした!

このようなPower Speakingのクラスですが、このクラスと合わせて受講される人気のコースがあります。Café Englishと呼ばれるコースです

Café English ってなに?

このクラスはカフェで働くために必要な英語や接客用語を学ぶクラスや、エスプレッソマシーンの使い方などを学ぶクラスがPower Speakingとセットになったクラスです。

そのため、ワーキングホリデーをしている人に大変人気のコースとなっています。学校のラウンジでは、Café Englishを受講する生徒によるドリンクやスナックの販売もあります。

RCIIS_cafe

ここで練習してからでしたら、自信を持ってお仕事に応募することができますね!

最後に

上記に取り上げきれなかったRCIISの特徴や、伝えきれなかった情報を最後にまとめます!

☑ グループ単位の作業や野外学習を取り入れた授業で能動的に学べる
☑ 広いラウンジやカフェスペースがある
☑ 受講者全体のうち、日本人は21%、それ以上に移民を目指す南米系の学生が比較的多い
☑ 先生によって雰囲気が大きく変わるが、必ず発言できる環境を作ってくれる
☑ STARという、アジア人向けの発音矯正プログラムもある!

RCIISに関する相談や、語学学校の比較に関するご質問などはお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ

by Yukino and Kyoko

p.s. ランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします♪♪

(下記バナーをクリックしてください!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Education Prime Facebook

★ブログ:ハッピーライフ in カナダ

★GOOGLE+にもトロントの身近な情報をアップ中★
https://plus.google.com/+Educationprime
https:/plus.google.com/+KyokoMinnery

★ツイッターも細々と更新中!★

, ,

Comments are closed.