メインメニュー 検索

Maki Kanazwaさん

学校名:ILSC

maki最初はPacific GatewayのESL(English Communication Program)コースで英語力アップに努め、2校目に通学したILSCでビジネス英語を受講し、トロントの人気観光スポット、Casa Loma(カサロマ)でインターンシップを経験しています。

ビジネス英語のクラスでは最初は電話対応、ファイナンス、マーケティングなど一般的なことを広く学び、レベルが上がるに従って、実在する企業を題材とした具体的なケースについてさらに深くインターナショナルビジネスを学びました。クラスメイトが多国籍で、特にスピーキング力が高いフランスやスイスからきた生徒さん達からリスニング力を鍛えてもらった気がします。

ILSCのインターンシップ説明会では、インターンシップについての具体的な流れや内容が伝えられ、模擬面接の際には実際に受ける企業の資料に基づいて丁寧にアドバイスも頂けました。面接当日も引率して頂けたのが嬉しかったですね。実は、1度インターンシップ先を変更して今回のカサロマでのインターンシップ先を再手配してもらったのですが、その際メールでご相談した内容にもすぐにそのコーディネーターが対応して下さり、数日ですべてを解決して下さったことには特に感謝しています。

インターンシップ先での仕事内容は、受付での入場券チェック、館内のご案内、オーディオガイドの貸し出し、エレベーターの使用が必要な方へのお手伝い(カサロマのエレベーターはご年配の方、ベビーカー・車椅子をご利用の方などに使用が制限されており、アンティークな作りのためスタッフが同行するというシステムになっています。)、アンケートの収集など。

インターンシップ先で印象に残っている出来事としては、館内にエレベーターがあることをご存じのお客さんが少ないので、常に目を配って必要な方に気付いた際はすぐに自分から声をかけ、エレベーターのご利用をご案内しているのですが、その際に「教えてくれてありがとう、本当に助かりました」と笑顔で感謝されるたびに嬉しさを感じます。
ここで働いているスタッフも、ボランティアでお手伝いに訪れる高校生たちも皆とてもフレンドリーで親切なので、時間が空いている時に英語を教えてもらったりしてとても勉強になるんですよ。

インターンシップをこれからされる方へのアドバイスとしては、「積極的に行動して、とにかく自分から人と仲良くなることだと思います。」友達になると沢山のことを話したくなるので、その分とても好奇心旺盛になり、そうやってできた友達から更に様々なことを教えてもらったり助けてもらったりするので、より充実した時間を過ごせると思います。

Comments are closed.