メインメニュー 検索

ELT でスピーキング力を鍛え上げる!スタッフ体験レポート

こんにちは! KyokoとYukinoです。

本日は弊社オフィス2階にある ELT (English Lab Toronto)の訪問レポートをお届け致します!

English Lab Torontoとはどんな学校?

ELTは完全少人数制で、スピーキング力を上げ、自身の英語力に自信をつける!を目的とした語学学校です。

ESLコースのレベルは3種類、GENESIS(初級)・CORE(中級)・HYBRID(上級)があります。
※COREクラスでは高校卒業レベルの文法が使われていますので、レベルの参考になさってください。

その他、ビジネスレベルのBOOTCAMPコース、大学講義レベルのLEADERSHIPコース、HYBRIDを終えた生徒さんが受講されることが多いPRESENTATIONコースがあります。

ELT各コース体験レポート

今回は実際にGenesisコース、Coreコース、そしてPresentationコースの体験授業を受けてきました!

1.GENESIS(初級)コース レポート by Kyoko

☆授業のタイムスケジュール:午前9時~午後1時半

☆クラスのメンバー構成:日本人3名、韓国人4名、メキシコ人1名、チリ人1名
※あくまで私が参加した時のものです。

☆授業内容
配布された単語リストを使って会話・質問(5W1H)の練習

単語“generalize”, “stereotype” や “melting pot”, “multicultural”, “interracial marriage”, “discrimination”等、その他合わせて約10個の単語(社会問題に関わるような単語がテーマでした!)を学びました。

社会問題や人種についてはカナダやアメリカにおいてはかなり重要な問題として認識されています。様々な人種のクラスメイトがそれぞれどのような考えを持っているかなどをディスカッションし、とても興味のわく楽しい授業でした。

また、“interracial marriage ”は国際結婚を意味するのですが、「国際結婚についてあなたの国は偏見を持っていますか?」という先生の質問に、全員あまり感じないと答えていたのが印象的でした。「トロントは本当に国際結婚が多いよね」という話も出るなど、留学中ならではの話で盛り上がりました。

トロント語学学校ELT クラスルーム

↑飲み物を飲みながら授業が受けられて、ワイワイ明るい雰囲気でした

☆印象
とてもアットホームな雰囲気でした(*^_^*)

授業では簡単な文法を使ったベーシックな英会話を学ぶので、特に日常会話をする力が鍛えられます。授業中も自由に発言できるので、積極的な姿勢で参加すると、たくさん会話を楽しめます。

日常会話をメインに勉強したい人、リスニング・スピーキングに苦手意識のある人におすすめです!

2.CORE(中級)コース レポート by Yukino

☆授業のタイムスケジュール+授業内容

9:00-10:20

Vocabulary・・・類義語と例文を合わせて音読しながら、意味を優しい英語にかみ砕いて丁寧に解説してくれます。

Reading・・・日常的なシチュエーションの面白いショートストーリー(今回は電話販売の断り方(笑))を読み、そのイディオムなどをさらって話の内容を理解していきます。

Conversation・・・ペアになってAとBのどちらかを読み上げ、日常会話の練習。

<break time>

生徒がチョコレートと紅茶を楽しみながら、世間話や先生に質問をしていました!

Shadowing・・・ショートコメディの文章をアクセントとイントネーションに気を付けながら音読していく練習です。

<lunch time>

みんなで一緒にランチを食べながらトロントの観光地などについて情報共有する場面も

12:00-13:20

Presentation・・・前の週から続いていた内容で、プレゼンテーションの草案を4人2グループになって考えます。来週はPCを持参してパワーポイントと原稿をつくるそうです。

☆クラスのメンバー構成:日本人3人、韓国人3人、南米系2人
※あくまで私が参加した時のものです。

トロント語学学校ELT クラスルーム3

☆印象
先生が授業開始前から生徒とフランクに会話する場面がとても印象的でした。先生の話すスピードはネイティブレベル。安易に聞き取れる生徒もいれば、何度か聞き返す人もいますが、一人ひとりに丁寧に応答してくれます。

トロント語学学校ELT クラスルーム2

そして、何と言っても、生徒たちが休み時間が始まるギリギリまで一生懸命に課題に取り組む姿が印象的でした。

★このクラスの特徴

☑気軽に分からないところを質問できる雰囲気
☑ワーキングホリデーや語学留学のみに専念するなど、様々な目的を持つ生徒が集まっている
☑教材が日常的な一場面を想定してあるものが多い
☑宿題や課題が多く、やりがいがある
☑生徒同士の仲もよく、週末は一緒に出掛けに行くことも多い
☑授業内の雰囲気は非常に自由だが、授業内容はしっかりとしている

3.PRESENTATIONコースレポート by Kyoko

☆概要
このコースは全員がEnglish Presentation Festivalの出場に向けて、15分間のプレゼンテーションを完成させることが主な内容となっています。

ESLで培った英語力を活かしてプレゼンのための知識と技術を習得していくためのコースです。

こちらは4週間毎に開講するコースとなっており、私が参加した授業は3週目でした。コースも終わりに近づいているので、プレゼン時に必須の身振りやしぐさなどを学び、次週までに実際にプレゼンのスクリプトの提出をすることが課題になっていました。

☆クラスのメンバー構成:日本人1名、韓国人3名、ブラジル人1名

皆さん仲が良いのが伝わってきて、雰囲気がとても良かったです!

☆授業内容
物語・慈善活動など様々なテーマのプレゼンがありますが、プレゼン内容やテーマの種類によって求められるものは違います。

物語の場合は単調なプレゼンはダメだとか、チャリティーのプレゼンでは強調することが大切であるなど先生からアドバイスがあります。

他にも声の大きさや、話すスピード、トーン、調子、質はどのようなものが最適かなどを指導されていました。

TEDのプレゼンのビデオも参考になるという事で教材として取り入れられています。

☆印象

留学中に何か残したい!他の人とは違う事をしたい!と思う方に向いています。プレゼンの大会の様子は、YouTubeにもアップされるので、就活の際に自分の英語レベルのアピールをする目的で、本コースを受講する生徒さんもいます。

最後に

ELTはスピーキングに特化した語学学校なので、別の語学学校を卒業し2校目として入学してくる生徒や、ワーキングホリデーでお仕事を開始される前に受講する人が多いようです。

年齢層は20代前半、女性の割合が多く、明るい校内でした。

トロント語学学校ELT ロビー

↑教室と教室をつなぐロビー

また、上記のコースの他にMCCという授業を取るためにELTを選んだという学生も。

MCC(Mega Conversation Club)とは、20分に一度、先生が交代する環境の中で会話練習をする、一日2時間週2回のプログラムです。それぞれの先生が自分だけのフィードバックを書いてくれて、自分のスピーキングの弱点がわかり、スピーキング力がぐんとアップするしくみです。

ELTの授業はどれもみっちりとスピーキングを鍛え上げてくれる内容ですが、自由で明るい校風です!

ELT に関するお問い合わせはこちら!→お問い合わせ

by Kyoko and Yukino

p.s. ランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします♪♪

(下記バナーをクリックしてください!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Education Prime Facebook

★ブログ:ハッピーライフ in カナダ

★GOOGLE+にもトロントの身近な情報をアップ中★
https://plus.google.com/+Educationprime
https:/plus.google.com/+KyokoMinnery

★ツイッターも細々と更新中!★

, ,

Comments are closed.