メインメニュー 検索

英語圏 で就労経験を得る方法

留学後の目標は何ですか?

job

留学の目的は人それぞれですが、
特にこれから就職活動を控えている方、社会人の方は、

  • 英語圏 で仕事をしたい
  • 貿易関係の仕事をしたい
  • 外資系の会社で働きたい
  • 英語を使った仕事がしたい

といった目標があるのではないでしょうか?

しかし、特に 英語圏 でお仕事をされたい方は
英語圏での就労経験と就学経験があるとないとでは、仕事が決まる確率や速さが違いますし、
何より現地の人にも負けない自信があるということを見せなければなりません。

現地で仕事をするには

カナダで仕事=ワーキングホリデー

と思われがちですが、

その後の就職活動などに最も繋がるのは

カレッジへの進学+働ける学生ビザ+Post-Graduation Work Permit

の流れです。これを経て永住権を取得し、本格的にキャリアを積んでいかれる方も少なくありません。

なお、アメリカでカレッジに行っても、カナダのような長期のビザは取得できませんので、現地でネットワークを広げたい、今後につなげたいとお考えの方は、カナダでのカレッジ進学を強くお勧めします。

働ける学生ビザ

取得の条件:学術、職業訓練、または専門的な分野で学位、ディプロマ(修了証)または資格を取得できるコース6ヶ月以上のフルタイムプログラムを受講していること

学生ビザで働ける場所:キャンパス内、キャンパス外、実務研修(CO-OP)

つまり基本的にどこでも働けるということになります。
学生の間のインターンシップを経て、そのまま就職する学生も多いです。

語学学校で唯一、働ける学生ビザが取れる学校

ILAC
今月のニュースレター以前のブログ記事でもご紹介していますが、こちらの学校はカレッジ用のビザで通学できるコースがありますので、本格的なカレッジ進学はハードルが高い、と思われている方は是非チェックしてみてください。
※詳しくはそれぞれの記事をご確認ください。
※ニュースレターの購読(無料)はこちらから

人気のカレッジ

以下にトロントで人気のカレッジ二校をご紹介します。

  • George Brown College

学位が取れるコースに加え、短期で取れるディプロマコース、大学卒業者向けのコースも充実、キャンパスがダウンタウンにあり立地がいい

  • Seneca College

パートタイムのコースや大学への編入コースが充実、留学生が多く在籍している為留学が初めてでも安心

「現地の生徒と一緒に勉強するなんてついていけるか心配」と思われるかもしれませんが、
トロントは世界中から留学生が集まりますし、移民で英語がネイティブではない生徒も多くいます。

また、多くの留学生は初めはfundamentalと言ってカレッジの授業に必要な英語(レポートの書き方やプレゼンテーションなど)の基礎力をつけるクラスに入れられますので、他の多くの生徒と一緒に学習を進めることができて心強いです。

Post-Graduation Work Permit

カナダでは上記のようなカレッジで1年や2年、またはそれ以上のフルタイムのディプロマコースを修了した場合、卒業後に就学期間によって期間の異なる就労ビザの取得が可能となります。

ビザコンサルタントのご紹介

Education Primeのオフィスでは、ビザコンサルタントのご紹介もしております。初回のカウンセリングはスタッフが同行致しますし、これまで日本人の学生を多くサポートしてきたコンサルタントですので安心です。

詳しい内容は弊社スタッフまでお問い合わせください。

まとめ

なんとなく留学するより、その後の目標がある程度定まっていた方が具体的な道筋が決めやすいです。

カレッジ進学が自分に合っているか、どの学部に行ったら良いか、などのお悩みも遠慮なくご相談ください。

ご相談、学校のお手続き、コンサルタントのご紹介など全て無料です。

お問い合わせ先はこちらです。お待ちしております!

by Kanako

p.s. ランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします♪♪

(下記バナーをクリックしてください!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Education Prime Facebook

★ブログ:ハッピーライフ in カナダ

★GOOGLE+にもトロントの身近な情報をアップ中★
https://plus.google.com/+Educationprime
https:/plus.google.com/+KyokoMinnery

★ツイッターも細々と更新中!★

, , ,

Comments are closed.