メインメニュー 検索

トロントの医療事情 1. 概要

不調の際は基本的にウォークインクリニックへ

トロント滞在中に体調不良や怪我に見舞われた場合、まずはウォークインクリニックという外来患者が行くことのできる総合クリニックに行きます。

ただし、緊急性がある症状(呼吸困難、激痛、骨折などの怪我、出血多量など)の場合は病院(Hospital)のER(Emergency Room/緊急室)に行くか、911に電話をして救急車を呼ぶことになります。

おおまかな流れは以下の図のとおりです。画像クリックで拡大できます。

Medical-System

専門医へはウォークインクリニックからの紹介状がないと行けない

上記の図でも分かる通り、専門医へ行くにはウォークインクリニックからの紹介状が必要です。

日本では内科、皮膚科、耳鼻咽喉科、婦人科、整形外科など診療科が分かれているため、患者が自らの症状で判断し、各医療機関を外来で受診しますが、カナダではまずウォークインクリニックにいる総合医(ファミリードクター(Family Doctor))が診療し、さらに専門的な治療が必要と判断される場合のみ各専門医への紹介状が出されるという形が取られています。

ファミリードクターは全ての診療科についての知識があり、薬の処方も検査の要請もできますので、ウォークインクリニックでの受診で治療が完了するケースも多いです。

日本語通訳サービス

弊社でご提供している日本語医療通訳サービスは基本的にウォークインクリニックに行く場合に利用できるものですが、ウォークインクリニックの医師が緊急性が高いと判断した場合(例:病状がその場で急変した場合、虫垂炎が疑われる場合、骨折していた場合、など)は、そこからERに行くようにと指示されることもあり、この場合は通訳も同行します。

また、専門医へも同行していす。詳しくは医療通訳サービス紹介ページをご覧ください。

まとめ

トロントにおける基本的な医療事情の概要をご説明しました。

トロントでは不調の際、まずウォークインクリニックに行くこと、専門医に直接は行けないことがポイントとなります。

次回はトロントにおける各医療機関をご紹介します。

, ,

Comments are closed.