メインメニュー 検索

滞在先サポート

ホームステイ

homestay

学生寮

ccnm2

シェアハウス

sheare-house-top

ホームステイ

ホームステイとは留学期間中に現地ファミリーのお宅で、家族の一員として受け入れてもらい滞在する方法の一つです。ホームステイは語学の勉強も含め、異文化交流や北米の生活様式を習得する事もできる特殊なプログラムです。食事や家具も用意され、知り合いのいない留学生が海外生活を始めるにあたり、必要不可欠な滞在方法として広まってきたスタイルです。ステイ先では各自の部屋にベッド、机、クローゼットなどが用意され、キッチン、リビング、お風呂や洗面所などはすべて家族と共有となります。言葉、文化も違う人達との共同生活になりますので、積極性、協調性が問われる滞在方法です。

弊社でもトロント市内においては直接提携ホストのご紹介が可能となっています!一般広告媒体を使用せず、口コミ、現ホストファミリーメンバーや生徒さんからの紹介のみを利用した採用方法を用い、さらに書類選考、家庭訪問、面接を経た上で厳選ホストファミリーのみのご登録を頂いています。現地で学校を申し込みされたい方や、希望の学校がホームステイプログラムを所有しておらず滞在先の手配が別途必要な方など、お気軽にお問い合わせください。

2016年度: EPホームステイ手配料金:$210+税(13%)
滞在費用:$840 (4週間:1日3食付、個室)

ホームステイの1日(例)

morning

朝食作りから始まる1日?!

ホストファミリーがすでに準備してくれていたり、好きな材料を使ってご自身で作る場合もあります。
メニューはトーストやシリアル、フルーツなどが多いですよ☆

lunch ランチは学校で!

こちらもホストファミリーが作っておいてくれたり、用意されている材料を使ってご自身で作る場合もあります。
殆どのご家庭ではサンドイッチが主流ですが、カナダには様々な人種の方がいるのでお米が用意されることも☆

dinner 今日の出来事などをホストファミリーと会話をしながら夕食タイム!

帰宅後は、ネィテイィブスピーカーと英語を練習するいい機会でもあるのでたくさんコミュニケーションをとって下さいね!!お食事内容は、パスタやピザ、ハンバーガーをイメージされる方が多いのではないでしょうか。勿論そういうステレオタイプ的なお食事もありますし、意外と鶏肉料理をよく食べるご家庭もあります。日本と比べるとシーフードや生野菜などは少な目の傾向にあるかもしれませんが、食べたいものをたまにホストにリクエストしてみるというのもありですね。英語の良い練習にもなります☆

ホームステイフォトギャラリー

学生寮

カレッジや、大学などに正規留学をされる場合は、空きさえあれば学校付属の寮に入ることが可能です。語学学校などでも一部寮の手配が可能な場合がありますが、基本的に夏期(カレッジの夏休みの時期で通常5月~8月)のみの入居とされています。ほとんどの寮は家具付です。食事については自炊となりますが、寮のカフェテリアのミールチケットが滞在費に含まれている場合はカフェテリアにて食事も可能です。バスルームやキッチンは、ご自身の部屋にあるタイプと、部屋の外にあり同じフロアの複数名で共用するタイプなど、寮によって様々です。

【学生寮特集】の記事もご参考ください!

EPもトロントの寮のお手配をしております!

トロントの学生寮であれば弊社にてお手配が可能です。寮(CCNM Residence)の利用は1ヶ月以上滞在可能な方、週15時間以上の通学証明ができる方で、19歳以上の非喫煙者が対象です。24時間セキュリティー付。200名の学生が利用している現地カレッジ付属寮ですので、現地学生や各国からの留学生との交流のチャンスにも恵まれ ています。個室(机、ベッド、冷蔵庫(小)、WiFi)バスルーム、キッチン、ラウンジ、ランドリーは共同。 寮内にあるカフェテリアの利用も可能です。

トロント寮詳細  – 全個室、鍵付き

手配料金: $210(+HST13%)
滞在費: $555/月(2016年8月まで) $580/月(2016年9月以降)

・基本月初めから月末までの計算方法。日割り、週割り、月の途中で入寮、退寮される場合は設定料金が異なります。
・日、週割り計算が発生する場合はフロアー費として別途、+$5/月徴収されます。 
・$600のセキュリティーデポジットは退去時、お部屋の損傷がない場合、$50の入寮手続費を除いた$550が寮から(お申込時に使用した)クレジットカードに返金されます。
1ヶ月のみの滞在の場合は返金不可の$50のデポジットのみ請求されます。
・各部屋にてインターネット利用可。(パソコンはご持参下さい)

注)寮費は寮側の事情により予告なく変更される事がございます。

寮フォトギャラリー


シェアハウス

シェアハウスとは、1軒家を複数名で共有して利用する滞在方法で、ある程度現地生活に慣れてきた留学生などの短期滞在者が多く利用している滞在方法のひとつです。 キッチン、リビング、シャワーなどは住人皆で共有し、部屋は一人ずつ個室を利用します。 部屋は家具が備え付けられている場合と家具なしの場合があり、光熱費やインターネット代は全て家賃に含まれていることが多いですが、契約により別にされている事もありますので、最初に確認しておきましょう。

EPでは現地サポート加入メンバーにシェアハウスの探し方の
アドバイスやサポートをおこなっております。

accom_image1待ちに待った海外生活にも少し慣れ、費用も節約したいし、ホームステイは気を使う、自分の時間を自由に使いたい、仕事を始めたから食事無しがいいので自炊がしたいという 「ホームステイ以外の海外滞在法」をお探しの方には、シェアーハウスがおすすめです。 しかしながら、実際にどうやって探したら?どのように大家さんと連絡をとるの?英語の場合なんといったらいいのでしょうか?契約時に気おつける事、まだ土地勘がなくこのロケーションはどうなの?といった問題が実際に部屋探しをしているとでてきます。そんな時も、EPメンバーならいつでもオフィスのスタッフにご相談、アドバイスを求めて下さいね。見つけ方のコツや、注意点等も含めてアドバイスさせていただいております。例えば寝具等は新しいものではない事が多いので、ご自身でご用意される場合は、便利なシップ等もオフィスでお伺いいただければご案内いたします。

お部屋の間取り例

share-house-room

シェアハウス費用例

滞在費用(1ヶ月の目安):$350〜$600程度 (個室、共同バス、キッチン)
※ロケーション、お部屋の形体、契約により上記予算上下よりはみ出る事もございます。
※通常デポジットといって 月額家賃の一ヶ月分を預け、最終月に充てがうか、退去後お部屋に問題がなければ返金されます。

シェアハウス一例

写真掲載のシェアハウスは、地下鉄St. Clair West駅までバスで5分、ダウンタウンまで20分の閑静な住宅街にあります。こちらのシェアーハウスについては、空室が有る場合、弊社メンバーの方で現地にすでにすんでいる方対象(女性限定)になりますが、無料ご紹介が可能です。