メインメニュー 検索

一生の宝!トロントワーホリ体験談 鴨田実季さん

お名前:鴨田 実季

現在の年齢:26歳

留学前の英語力:日常会話が少し出来る程度

留学前の職業:The Body Shopでの販売

留学を決意した理由は??:
高校生の頃からの夢で、将来は海外に住んで働いてみたいと思ったから。

なぜトロントへ??:
最初バンクーバーと迷っていましたが、カナダ最大の都市で暮らして英語を学びたいと思ったため。

トロントでの学校生活に関して(楽しかった事、辛かった事):
楽しかったことは学校で用意されているアクティビティに参加して、クラス以外の友達が出来たこと。学校の生徒全員で行ったトロントアイランドでの授業も楽しかった!
辛かったことは、南米からの生徒はすぐ帰国してしまうので、もっと仲良くなってたくさん話したかった。

お仕事に関して(楽しかった事、辛かった事):
仕事の経験なしに私のワーホリ生活は語れません!私は日本での経験がありThe Body Shopで7ヶ月間働きました。日本人は私のみしかおらず、辛かったことと悩みの種はいつも言葉(英語)でした。

最初のうちはお客様の言っていることが聞き取れずマネージャーに替わってもらい、それが何より悔しかったです。だから最初のうちはすぐクビになるのではないかと出勤する度にドキドキしていました。でも時間が経つにつれ、同僚ともかなり仲が良くなり英語も少しずつ聞き取れるようになっていきました。

miki_kamoda_wh1

写真右の方がマネージャーのローレンです。いつも元気でいつも助けてくれました。
トロントの生活で一番感謝している方です。

次に嬉しかったことは、カナダのお客様は接客をすると必ず言葉にして「助かったよ!どうもありがとう!」と言ってくださることが嬉しかったです。さらに私が接客したお客様がマネージャーに「この子の接客素晴らしい!」と言ってくださったことが今までの中で一番嬉しかったです。

最初は辛くて逃げ出したいと思ったことが何度もありました。違う仕事をした方が良いのではないかと考えていたこと正直ありました。でもそれを忘れさせてくれるくらいの喜びもありました。マネージャーそれから同僚のサポートなしにやり遂げることは出来なかったと今でもそう感じています。

miki_kamoda_wh2

仕事最終日に、皆が用意してくれたクッキー!”We will miss you”の字が書かれていました!
それとプレゼントもあり、思わず号泣してしまいました。笑

今後の目標:
常に海外と繋がっていたいと強く思います!それは学生の頃からの夢であったからです。仕事をしている時はそれに必死で仕事以外で英語を勉強したとは言えないので、もっと英語を勉強します!

カナダ留学される生徒さんへメッセージ:
何か新しいことを始める時って誰でも最初は少なくともすごく緊張すると思います。留学は特に異国の地で生活しなくてはいけないので容易なことではありません。だからうまくいかないこと、言葉の壁、そして違う文化に戸惑うことがたくさんあると思います。でも決して諦めないでください。

私が経験したように乗り越えられないような壁にぶつかったとしても、それを乗り越えると自分にしか味わえない喜びが待っているはずです。だからたくさん様々なことに挑戦して、一生の宝になるような留学生活になるように頑張ってください。

, ,

Comments are closed.