メインメニュー 検索

「間違っても良いからどんどん話す」ことができるようになる方法

talk

「英会話なんて、間違っても良いからどんどん話せば良いんだよ!」

と言われたことはありませんか?

これが実は相当難しいのです。

「間違っても良いからどんどん話せば良い」というのは、試行錯誤の結果その結論に至っているだけで、実際はそこに至るまでに克服しなければならない壁がいくつかあります。

それは、自尊心から来る、以下の3つの壁です。

  1.  通じない英語、誤りのある英語を話して、「馬鹿な人」「教養のない人」「大したことのない人」など思われたくない
  2. 発音が悪くて聞き取りにくく、相手に「わかりにくい人だな」「話してて疲れる」などとと思われたくない
  3. 完璧じゃないのに自信満々で話していると、「調子に乗っている恥ずかしい人」と思われそう(特にその場に日本人がいた場合)

結局のところ、これらの心配がある程度解消されない限り、自信を持って話すことは困難です。

そして、これらの問題を改善しないまま無理に英語で人と話そうとすると、つい、

「間違ってるのはわかってるんだ〜w ごめーんw」

ということを表現してしまうため、ニヤけてしまいます(特にその場に自分より英語ができる日本人がいるとこうなりがちです)。

すると、「この人何ずっとニヤけてるんだろう・・・私の事笑ってるの?」という変な誤解が生まれてしまいます。

このことの方が上記の1〜3よりも大問題です。

そこで上記3つの壁をを少しでも低くすると、会話の相手を「自分に判決を下す人」ではなく、「ただの人」として見ることができるようになり
リラックスして会話の内容に集中できるようになります。

それでは、上記1〜3の壁を低くするためには、どうすれば良いのでしょうか。

1.ネイティブスピーカーを相手にトライアンドエラーを繰り返す

具体的には、ネイティブスピーカーと英語で話してはフィードバックをもらい、どこが通じなかったのか、自然な言い方ではなかったのかを検証します。
また、相手のネイティブスピーカーの言い方を真似すれば即自然な表現となるので、どんどん真似をすることが大切です。

2.正しく発音するためのメソッドを教わり、筋トレをする

英語と日本語の発音が全く違うということは、正しい音を出すためには筋肉の使い方が違います。
どう違うのかは、両言語を分かって比べたことのある人にしかわかりません。

3.自分が聞き手となり、話の「内容」に集中する

例えば、日頃から英語のことばかり考えていると、自分以外の日本人が英語を話すのを聞いているときについ英語の上手い下手をジャッジしたくなり、
間違いを探しながら聞いてしまいます。そして、相手が自分よりも英語ができると感じると、急に恥ずかしくなり、話せなくなるのです。

しかし、それをせず内容だけに集中すると、自然と相手の言いたいことだけが頭に入ってきて、次に自分がしたい質問が自然と湧き出てきます。

一度この方法で自分以外の日本人の話し方を聞いてみてください。「完璧さ」は全く気にならなくなります。

その感覚がわかれば、自分が完璧でなくても相手が見下してくるようなことは無く、見下してくる人(会話に集中できていない人)と自分とは次元が違う、と思うことができるようになります。

まとめ

以上のように、3は自分で試してみることができる内容ですが、1と2に関しては正しい知識を持ったネイティブスピーカーに教わることが近道です。

1は会話に特化した学校、2は発音矯正に力を入れている学校に行くのが良い方法となりますが、一校で済ましたい場合、スピーキングにフォーカスし、なおかつ発音矯正のクラスがしっかりある学校をお薦めしています。

例:RCIIS
※こちらの学校は割引情報があります。こちらのページ(外部ブログ)をご覧ください。

英語を話す際の「恥ずかしさ」が少しでも軽減されますように。

by Kanako

p.s. ランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします♪♪

(下記バナーをクリックしてください!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Education Prime Facebook

★ブログ:ハッピーライフ in カナダ

★GOOGLE+にもトロントの身近な情報をアップ中★
https://plus.google.com/+Educationprime
https:/plus.google.com/+KyokoMinnery

★ツイッターも細々と更新中!★

, ,

Comments are closed.